未分類

作業療法士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作業療法士は、けがや病気などによって障がいを負ってしまった人に対して、日常生活で行われるさまざまな「作業」を通して、日常生活に必要な能力を高めるリハビリを行う職業です。

作業療法士が支援する作業は、食べる、入浴する、着替えるといった日常作業や、手芸や園芸などの趣味の領域の作業、計算やパソコン操作などの職業訓練領域の作業まで多岐にわたります。

さらに、身体的な能力を回復させるだけでなく、精神的なケアもあわせて行うのが大きな特徴です。作業療法士は、からだとこころの両面から患者を支え、日常生活復帰や社会復帰を全面的にサポートするとともに、あらゆる作業を通して、個々の患者がその人らしい、生き生きとした生活を送れるように手助けをする役割を担っています。

作業療法士の仕事は、まず医師から各患者に対するリハビリテーションの指示を受けるところから始まります。けがや病気などで身体障がいを抱えた患者に対しては、まず理学療法士が、立つ、座るなどの基本動作を回復させるための訓練を行い、その後、患者を引き継いで作業療法士が応用動作の訓練をおこないます。

通常、リハビリの成果が表れるまでには長い時間がかかるため、さまざまな作業を試したり、プログラムを見直したりして、辛抱強く一人ひとりの患者と向き合いながら治療を続けます。

また、たとえば脳梗塞で右半身に麻痺が残る患者に対しては、左利きになるための訓練をおこなうといったように、残された身体機能で日常生活を送れるようにするための指導も実施します。

やがて、心身ともに完全に健康を取り戻すか、あるいは機能の回復にある程度のメドが立ったら、退院する、転院する、ほかの施設へ入所するなどして、一連の業務はひとまず完了です。

ただし、退院後も定期的に通院して外来でリハビリを続ける患者もいるため、担当患者が退院すればすべて終わりというわけではなく、一人の患者と長年にわたってつきあい続けるケースもよく見られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント」画面にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

Leave a Reply

*