未分類

理学療法士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理学療法士は、理学療法士及び作業療法士法に基づく国家資格であり、リハビリチームを構成する医療従事者である。OT、ST、リハビリテーション職と称されるもののうちの一つ。ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する専門職になります。

理学療法士は医師の指示のもと、運動の指導やマッサージ、電気刺激、温熱などを用いて、座る・立つ・歩くといった基本的動作能力の回復を目指し、その人が自立した日常生活を送れるようサポートします。

支援の対象となるのはすでに障がいを抱えた人以外にも、けがや病気の予防、スポーツのトレーニングなどを目的とした健康な人も含まれます。そのため理学療法士は医療機関だけでなく、高齢者や児童を対象とした福祉施設、プロのスポーツクラブや民間のフィットネスクラブなど、幅広い分野で活躍しています。

理学療法士と並ぶリハビリ職の国家資格として、作業療法士があります。理学療法士の支援対象は身体に障がいを持つ人が中心ですが、作業療法士の場合は精神障害者も支援対象に含まれます。

理学療法士は座る・立つ・歩くといった“基本的な動作”を中心にリハビリするのに対し、作業療法士は服を着替える、身体を洗う、字を書くといった日常生活での“応用的な動作”を主軸としてリハビリをおこないますただし2つの領域が明確に分かれているわけではないため、理学療法士が日常生活上の作業を訓練することもありますし、作業療法士と連携しながら進めることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply

*